最近人気がある風速計の特徴とは

お仕事以外でも、ドローンやラジコンヘリなど野外でのイベントを楽しむ方にとって、持っていると便利なアイテムとして風速計があります。よく見かける物のひとつに、プロペラが付いている商品がありますが、他にもセンサーを使って計測する熱線式や、気象観測などでもよく見る、丸い防水カップがヘリのプロペラのようについている防水カップ式があります。用途によって使い勝手の良さなどは違ってきますが、個人の購入で人気があるのは、やはり持ち運びが便利で、安価なプロペラ式のようです。多彩な機能は無く、風速と温度が測定できるものです。またもう少し機能が欲しいという方たちの中には、三脚に付けられ、常に観測が出来るようにできる商品に人気があります。またスマートフォンに測定器を取り付けて、スマートフォンに表示させる商品もあります。

それぞれの風速計の特徴とはどのようなものか

使いやすさは人それぞれですし、目的もまた、それぞれですが、風速計はまず風速の測定機能が第一です。プロペラ式は、実際にプロペラが風を受け、回転することで測定していますので、アナログ的ともいえます。さらにアナログ的なものとしては防水カップ式が挙げられますが、ヘリコプタ―のプロペラの先に丸型のカップがついており、風を受けて回転させるものですが、雨の日にも利用できます。熱線式はセンサーとなる部分に一定の電圧を加えて発熱させ、風が吹きセンサーに冷気が当たった、その温度から風速を求めますので、エアコンなどの微風を感知することに向いています。またスマートフォンに取り付けるタイプはGPSやSNSと連動しており、同じ趣味の方たちと情報を共有することもできます。以上を踏まえ、まず最小風速と最大風速がどこまで測定できる物なのかを確認することが大切です。

状況に応じた機能のある風速計を探す

持ち運びが出来る物ではなく、取り付けておく形の風速計もあります。こちらもカップ式やプロペラ式、熱線式がありますが、もうひとつ超音波式というものがあります。こちらは音の伝わる速さから風速を計算するもので、計算に専用のコンピュータが必要になるもので、家庭用で購入する方はいないと思われます。このように多くの種類がありますが、やはりどのような状況で使うことが多いのかを考えて購入することが大切です。山登りなどに使う場合は、できれば荷物は小さく軽くするべきですし、簡単に使えるものが良い場合はカップ式のような風上などを深く考える必要がないもの、温度や風量も知りたい方は、もちろんその機能が付いたものなど、まさに様々です。レジャーやお仕事、農業など様々な場に則したものを、探してみてほしいです。