風速計はこんなところでも利用できます

近年では、ドローンやラジコンのヘリを楽しむ人も増えてきていますが、風の風量や風速を量ることが出来る風速計も人気のアイテムとなってきています。一般の家庭でも購入を検討されている人は多いのではないでしょうか。アウトドアや屋外イベントの際に風の強さを調べておけば、危険の防止や事前の準備にとても役立ちます。まずおすすめしたいのは、雨の時にも使える防水カップ式の風速計です。防水性能が数値に表してあるので、数値の高いものを選べば安心です。他にも、コンパクトながら機能が高く、温度も同時に測定できる風速計や、カメラ用の三脚に取り付けることが出来て、長時間固定した状態で測定したい場合など、使い勝手に合わせて様々な風速計があるので、チェックしてみると良いでしょう。アウトドアや屋外スポーツ、ドローン操縦などで利用するととても役に立つでしょう。

こんな風速計なら使いやすくて役に立つ

最近人気の高いアウトドアや屋外のスポーツ、イベントなどでは天候が一番の関心事になりますが、手軽に現場で風量や風速を確認出来る風速計は、必需品ではないでしょうか。最近では、一般の人にも扱いやすいコンパクトなタイプや、スマホに取り付けられるタイプも出てきています。また、エアコンなどの空調機器の風速や風量や温度を精密に調べられるものもあり、さらにパソコンと繋ぎ風速の変化を見ることが出来るなど、いろいろな機能が充実してきています。また、折りたたみが出来るタイプなら、持ち運びがらくで海や山に持って行く際にも負担になりません。このように、風速以外にも温度や風量が計測できるなど、用途によって様々な種類の風速計がありますが、価格も数千円から数万円と幅広くなっていますので、いろいろと検討しながら選ぶと良いでしょう。

風速計の種類と自分に合った風速計の見つけ方

一口に風速計と言っても種類があり、大まかに分類すると、プロペラ式、熱線式、防水カップ式の3つがあります。プロペラ式は、プロペラの回転速度で風速を測定することが出来るシンプルなものです。微風などの精密な計測は出来ませんが、風の強さを知るには十分な機能を持っています。値段も手頃なタイプが多く大きさも小型で、様々なシーンで役立ちます。続いて熱線式ですが、センサーに風を当てたときの電気抵抗の変化を測定して計測する仕組みになっているので、微風も検知可能で精度が高いのが特徴です。値段は少し高くなりますが、エアコンなどの空調機器の測定には最適です。そして防水カップ式ですが、名前のとおり雨の時でも使用でき、カップが風を受けると回転し、測定する仕組みになっています。以上のような特徴を知って、どのようなシーンで使う機会があるか、自分に合った風速計を選んでみて下さい。